経営分析.com
>> HOME >> 起業家、設立2年以内…
1.設立当初の会社規模
事業には儲かるための適正な規模があります。目標とすべき事業規模(損益が一致する時期)を達成するために、売上高から逆算して商品・サービスの販売価格を設定しましょう。設立当初の経営分析は「損益分岐点分析だけで十分」です。
設立当初の会社規模 図 設立当初の会社規模 図 設立当初の会社規模 図 設立当初の会社規模 図 設立当初の会社規模 図
設立当初の会社規模 図 設立当初の会社規模 図 設立当初の会社規模 図 設立当初の会社規模 図 設立当初の会社規模 図
設立当初に2つの事業規模を同時に目指すことは不可能です。
コアとなる事業を1つ選定し、全ての経営資源(お金、労力)を集中させましょう。
損益分岐点売上高 = 固定費 ÷ 限界利益(粗利益)
限界利益(粗利益) = 売上高 - 変動費(売上高に比例して変動する費用)
販売単価 = 損益分岐点売上高 ÷ 予想受注数
 
創業当初の会社は少ない人数で個別受注による仕事を行なうことが殆どです。したがって、予想受注数は、全ての社員がフルで働いた場合を想定しましょう。
2.図式化して比較
図式化して比較 図 図式化して比較 図 図式化して比較 図 図式化して比較 図 図式化して比較 図
図式化して比較 図 図式化して比較 図 図式化して比較 図 図式化して比較 図 図式化して比較 図
図式化して比較 図 図式化して比較 図 図式化して比較 図 図式化して比較 図 図式化して比較 図
ポイント  
新規事業は、絶対に固定費が業界平均値よりも小さくなることを目指しましょう。
固定費には役員報酬と将来発生する確率が高いと考えられる費用も含めましょう。
損益分岐点分析ファイルのダウンロード
3.変動費と固定費の分解
創業当初の会社は少ない人数で個別受注による仕事を行なうことが殆どです。したがって、予想受注数は、全ての社員がフルで働いた場合を想定しましょう。
(1)科学的方法
開業時などは費用を詳細に変動費と固定費に分解することは不可能です。そこで、総費用を算定して、最小自乗法などにより分解します。
変動費と固定費の分解 図 変動費と固定費の分解 図 変動費と固定費の分解 図 変動費と固定費の分解 図 変動費と固定費の分解 図
変動費と固定費の分解 図 変動費と固定費の分解 図 変動費と固定費の分解 図 変動費と固定費の分解 図 変動費と固定費の分解 図
(2)勘定科目精査法
電気料金の基本料金は固定費で従量部分は変動費、給料の基本給部分を固定費とし残業代を変動費など、経営活動の実態を考慮して勘定科目毎に費用を分解する方法です。
固定費・変動費分解ファイルのダウンロード
経営分析.com