経営分析.com
>> HOME >> 起業家、設立2年以内… >> 会社を次のステージへ…
1.供給側の制約
起業時には採算が合わない顧客先でも開拓しますが、人員の制約など供給量には制約があります。1年後には限界利益額(=売上高−変動費)が低い顧客先を断ることにより、新しい採算が合う顧客先を獲得できるようになります。
供給側の制約 図 供給側の制約 図 供給側の制約 図 供給側の制約 図 供給側の制約 図
供給側の制約 図 供給側の制約 図 供給側の制約 図 供給側の制約 図 供給側の制約 図
供給側の制約 図 供給側の制約 図 供給側の制約 図 供給側の制約 図 供給側の制約 図
供給側の制約 図 供給側の制約 図 供給側の制約 図 供給側の制約 図 供給側の制約 図
 
ポイント  
限界利益額が小さな顧客先を断ることが、新規開拓の原動力になるはずです。
2種類以上の商品・サービスの販売を選別する時にも同様の分析方法を利用できます。
2.顧客側(消費者側)の制約
顧客の予算が制約条件になる場合には、限界利益率の良い商品・サービスを販売することで利益額が大きくなります。
限界利益ファイルのダウンロード
経営分析.com