経営分析.com
>> HOME >> 設立3年後の会社であ… >> 在庫管理がいい加減な…
陳腐化、不良品化、価値下落、在庫保管料、盗難危険性など、在庫資産はリスクです。確かに在庫資産はゼロが良いのですが、実現は大変な労力と費用をかけることができる1部の会社のみです。適正な在庫を売上高に応じて保有することが重要です。

在庫の分析方法は下記の4種類に分けることができます。
 
顧客層 売上高が確定(個別受注型) 売上高が不確定(断続受注型)
独立・単発 確定分を発注するため問題なし 2.利益率で発注量を決定
リピート・継続 1.EOQの公式で発注量を決定 もう一歩進んだ経営分析
 
顧客層は簡単に判別できます。
 
1.EOQの公式で発注量を決定
最適発注量(EOQ) =
(2×1年間の売上高×1回あたりの発注費用÷1個あたりの年間在庫維持費用)1/2
 
EOQの公式で発注量を決定 図 EOQの公式で発注量を決定 図 EOQの公式で発注量を決定 図 EOQの公式で発注量を決定 図 EOQの公式で発注量を決定 図
EOQの公式で発注量を決定 図 EOQの公式で発注量を決定 図 EOQの公式で発注量を決定 図 EOQの公式で発注量を決定 図 EOQの公式で発注量を決定 図
 
ポイント
売上高(受注量)が決まっていれば発注回数によって平均在庫量が変わります。発注費用と在庫維持費用を比べて、最適な発注量を自動的に求めることができます。
2.利益率で発注量を決定
毎回ある程度売れることが分かり、前の商品・サービスにそれ程影響を受けない場合には、各時点での利益率(期待値)を計算して最大の利益が得られる発注量を決定します。
 
A商品 販売価格2,000円 原価1,000円 割引販売価格600円
 
利益率で発注量を決定 図 利益率で発注量を決定 図 利益率で発注量を決定 図 利益率で発注量を決定 図 利益率で発注量を決定 図
利益率で発注量を決定 図 利益率で発注量を決定 図 利益率で発注量を決定 図 利益率で発注量を決定 図 利益率で発注量を決定 図
利益率で発注量を決定 図 利益率で発注量を決定 図 利益率で発注量を決定 図 利益率で発注量を決定 図 利益率で発注量を決定 図
ポイント
「確率の推定」は何度か発注していく中で、正確な数字に近づけましょう。利益率の計算過程で機会損失をどこまで考慮するかは受注形態により変えましょう。
在庫管理ファイルのダウンロード
 
 
経営分析.com