経営分析.com
>> HOME >> 設立3年後の会社であ…
設立3年以上の会社は、「利益よりも収支を重視した経営」により、資金繰りの改善を目指しましょう。
1.流動比率をまずはチェック
流動比率 = 流動資産 ÷ 流動負債(100%以上は絶対必要です。)
流動比率をまずはチェック 図 流動比率をまずはチェック 図 流動比率をまずはチェック 図 流動比率をまずはチェック 図 流動比率をまずはチェック 図
流動比率をまずはチェック 図 流動比率をまずはチェック 図 流動比率をまずはチェック 図 流動比率をまずはチェック 図 流動比率をまずはチェック 図

AB線はCD線より下になければいけません。
EF線がAB線に近づくと資金調達が容易になります。
 
創業当初の会社は少ない人数で個別受注による仕事を行なうことが殆どです。したがって、予想受注数は、全ての社員がフルで働いた場合を想定しましょう。
ポイント  
新規事業は、絶対に固定費が業界平均値よりも小さくなることを目指しましょう。
固定費には役員報酬と将来発生する確率が高いと考えられる費用も含めましょう。
2.キャッシュフロー計算書の活用
キャッシュとは3ヶ月以内に換金できる資産を言います。設立3年以上であれば、最低でもキャッシュフロー計算書は作成しましょう。
キャッシュフロー計算書の活用 図 キャッシュフロー計算書の活用 図 キャッシュフロー計算書の活用 図 キャッシュフロー計算書の活用 図 キャッシュフロー計算書の活用 図
キャッシュフロー計算書の活用 図 キャッシュフロー計算書の活用 図 キャッシュフロー計算書の活用 図 キャッシュフロー計算書の活用 図 キャッシュフロー計算書の活用 図
キャッシュフロー計算書の活用 図 キャッシュフロー計算書の活用 図 キャッシュフロー計算書の活用 図 キャッシュフロー計算書の活用 図 キャッシュフロー計算書の活用 図
キャッシュフロー計算書ファイルのダウンロード
 
 
経営分析.com