経営分析.com
>> HOME >> 新しい人材を採用する…
1.経験年数
新規雇用する人の経験年数やそれに応じた年収は現在の会社の状況を分析することで決定しましょう。イメージ先行で給料を決定しますと社員間で不公平が生じ、組織の軋轢のもとになります。
経験年数 図 経験年数 図 経験年数 図 経験年数 図 経験年数 図
経験年数 図 経験年数 図 経験年数 図 経験年数 図 経験年数 図
A社社員を分析した結果、即戦力として新規雇用する場合には、6年以上の実務経験は必要なく、
4−5年の実務経験者を500万円の年収ぐらいで採用すべきです。
ポイント  
図を見てデータの分布や分散の傾向を考察する時に、線を引くと分り易くなります。異常値(明らかに他のデータと相違する値)は無視しましょう。
2.1人当たりの売上高と経費
新規雇用する人の経験年数やそれに応じた年収は現在の会社の状況を分析することで決定しましょう。イメージ先行で給料を決定しますと社員間で不公平が生じ、組織の軋轢のもとになります。
 
付加価値 = 営業利益 + 役員報酬 + 人件費 + 福利厚生費 + 地代家賃/リース料 + 租税公課 + 減価償却費
付加価値 = 売上高 − 外部から購入し消費した費用
↑
会社の業種により適合する又は利用し易い計算方法を選択しましょう。
どちらの計算方法でも算出金額は同額となります。
 
↑
労働生産性 =  付加価値 ÷ 従業員数
労働分配率 =  人件費 ÷ 付加価値
1人当たりの売上高と経費 図 1人当たりの売上高と経費 図 1人当たりの売上高と経費 図 1人当たりの売上高と経費 図 1人当たりの売上高と経費 図
1人当たりの売上高と経費 図 1人当たりの売上高と経費 図 1人当たりの売上高と経費 図 1人当たりの売上高と経費 図 1人当たりの売上高と経費 図
ポイント  
労働生産性が絶対低い業種などありません。生産性を高める工夫をしましょう。機械設備投資が多い会社は資本生産性・資本分配率も分析しましょう。
生産性ファイルのダウンロード
 
 
経営分析.com