経営分析.com
>> HOME >> IPOしたいと思った… >> IPOするときには正…
事業計画書の作成では、IPOまでの売上高予測が最重要課題となります。粗利益や経費は売上高に対する比率で算定するのが一般的です。また一方で、根拠の無い売上高の予想は意味がなく、一定の根拠のある売上高予測の手法をご紹介します。ただし、技術革新や業界の景気動向による突発的な売上高増加は予測できません。
1.最も良く使われる売上高予測(移動平均法)
最も良く使われる売上高予測(移動平均法) 図 最も良く使われる売上高予測(移動平均法) 図 最も良く使われる売上高予測(移動平均法) 図 最も良く使われる売上高予測(移動平均法) 図 最も良く使われる売上高予測(移動平均法) 図
最も良く使われる売上高予測(移動平均法) 図 最も良く使われる売上高予測(移動平均法) 図 最も良く使われる売上高予測(移動平均法) 図 最も良く使われる売上高予測(移動平均法) 図 最も良く使われる売上高予測(移動平均法) 図
最も良く使われる売上高予測(移動平均法) 図 最も良く使われる売上高予測(移動平均法) 図 最も良く使われる売上高予測(移動平均法) 図 最も良く使われる売上高予測(移動平均法) 図 最も良く使われる売上高予測(移動平均法) 図
時系列データから傾向変動・季節変動を抽出した残りのデータが循環変動です。
ポイント
売上高の動きを最もよく表す傾向変動により、将来の売上高を予測しましょう。
季節変動の抽出・分析を行なうためには最低3年以上のデータを用意しましょう。
時系列売上高予測ファイルのダウンロード
2.統計手法を利用した売上高予測
単回帰分析を利用した売上高予測重回帰分析を利用した売上高予測
統計的売上高予測ファイルのダウンロード
 
 
経営分析.com