経営分析.com
>> HOME >> IPOしたいと思った… >> 同業の競合会社に打ち…
1.競合他社の分析
IPOするためには、他社とは競合しない差別化された商品・サービスが重要です。しかし、すばらしい技術や営業力があったとしても、競合の公開会社が全くない商品・サービスは殆どありません。自社の商品・サービス特性を徹底的に研究し、現在からIPO後までの市場における競争地位を確認しましょう。

シェア=自社の商品・サービス売上高÷市場全体売上高(政府官公庁から入手)
競合他社の分析 図 競合他社の分析 図 競合他社の分析 図 競合他社の分析 図 競合他社の分析 図
競合他社の分析 図 競合他社の分析 図 競合他社の分析 図 競合他社の分析 図 競合他社の分析 図
トップ会社でなくともIPOは出来ます。しかし、IPOした後の株価を維持するためには、
最終的に全ての会社がトップ会社を目指すことになります。
シェアファイルのダウンロード
2.新商品・サービス分析
売上高が少し足りないばかりにIPOできず、新商品・サービスを市場に導入しようとする会社は多いですが、現在の商品・サービスと「シナジー(人材の両用なども含む。)を持ち、かつ対象顧客が相違」しなければ意味がありません。商品・サービス毎の対象となる顧客層を明確に把握しましょう。
新商品・サービス分析 図 新商品・サービス分析 図 新商品・サービス分析 図 新商品・サービス分析 図 新商品・サービス分析 図
新商品・サービス分析 図 新商品・サービス分析 図 新商品・サービス分析 図 新商品・サービス分析 図 新商品・サービス分析 図
新商品・サービス分析 図 新商品・サービス分析 図 新商品・サービス分析 図 新商品・サービス分析 図 新商品・サービス分析 図
 
ポイント
関連性を測定するためのデータは設備投資しなくても工夫すれば入手できます。(営業マンへのアンケート、データ類推・予測、外部から購入、商品棚卸実施等)
クロス集計ファイルのダウンロード
 
 
経営分析.com